ネットワーク

自作PC内部を冷やす方法|パーツの選定と取扱注意点

新しい高性能な記録媒体

ノートパソコン

自作PCを作成するとき、データ記録媒体はハードディスクドライブを使うのが主流でした。しかし、機器の高性能化と小型が進みハードディスクにかわって新たな、記録媒体が使われるようになったのです。それがソリッドステートドライブです。

More...

ビデオカードの取扱方法

PCファイル

自作パソコンを構成するうえでビデオカードというのは非常に重要なパーツの1部です。綺麗な映像を出力するためのパーツですが、とても精密な機械なので取り扱いする時は、細心の注意を払うことが大切です。

More...

PCを冷やす重要性

スーツの男女

パソコンというのは、使っていくほどホコリやゴミなどが溜まっていくものです。CPUやグラフィイクボードのファン、PCケースのファンなど、パソコンの排熱をするパーツはたくさんあります。このような排熱をするための部分に、ケーブルやパーツ同士の干渉があるとホコリやゴミが溜まりやすくなってしまいます。自作PCを作成するときは、このような細かい部分も考えて組むと、パーツを長持ちさせることができるでしょう。逆に絡まった配線や詰め込みすぎたパーツ構成を行なうと、排熱が上手くできずに熱暴走を引き起こす可能性があります。もし自作PC内部の空間に余裕がないと感じた場合は、一回り大きなPCケースを使うのが有効的な手段です。
自作PCを冷やす方法は、何もファンだけではありません。水冷式といって、PC内部にラジエーターと呼ばれる冷水を含んだパーツを搭載することで、温度を下げることができます。また、風の送風を行なわないので静音性に優れているというメリットもあります。水冷式は確かに冷えますが、水漏れが心配という人もいることでしょう。そのような人に、最適なのが空冷式の冷却です。値段も水冷式に比べて安いものが多いので、導入しやすいパーツとなっています。このように、PC内部の温度を下げる手段は様々です。パソコン内部のホコリやゴミを取り除き、CPUを冷やすことがパソコンの性能を十分に引き出すためのコツだといえるでしょう。自作PC内部の温度を計測するソフトやハードウェアもあるので、そのような製品を検討してみるのも1つの手です。

自作の魅力と注意点

笑顔の男性

自作パソコンというのは非常に魅力的です。どこでも売られていない自分だけのオリジナルパソコンを作成できるのが1番の魅力ともいえるでしょう。魅力的な自作パソコンですが、作成する場合はパーツを壊してしまわないように注意が必要です。

More...